投稿者「admin」のアーカイブ

自宅でムダ毛を永久脱毛することはできる?

自宅でムダ毛処理を行う方法としては除毛クリームやカミソリなどが一般的でしたが、最近は優れた家庭用脱毛器も登場しており、自宅でも高品質な処理が行えるようになりました。

家庭用脱毛器は光照射が行えるものが人気となっていますが、こうした機器を使えば永久脱毛の効果が得られるのではと期待している人もあるのではないでしょうか。
まず、家庭用の脱毛器は業務用の機器とは違いますので、パワーはかなり抑えられています。

それゆえ、サロンやクリニックと同じ効果が期待できるというわけではないことは理解しておきましょう。

出力が弱いこともあり、良い仕上がりにするためには何度も照射を繰り返すなど根気良いお手入れも必要です。そして、家庭用の機器では背中などの難しい部位を自分で綺麗にするのはかなり困難と言えます。
短期間で良い効果を期待するのであれば、やはりプロの施術を選ぶことがおすすめです。

エステサロンの施術は永久的な効果ではないとされていますので、永久脱毛を希望するのであれば出力の高いレーザーでの施術が利用できる医療機関を選ぶこととなります。
施術は美容外科や専門のクリニック、美容皮膚科などで提供されています。

クリニックでの医療脱毛に通う回数は?

クリニックでは医療脱毛を利用することができますが、どのぐらいの回数が必要なのかも知っておきたいところです。

まず、効果の出方には個人差もありますので、まずはカウンセリングで肌質や毛質をチェックしてもらい、どれぐらいの回数で通う必要があるのかを確認しておきましょう。
部位によって毛質や毛の量も変わってきますので、どの部位も同じ回数というわけでもありません。

個人差はあるものの、6回程度施術を行えばムダ毛はかなり目立たなくなると言われています。
出力が高いこともあり、エステサロンの施術より早く結果が出せる傾向にあります。

レーザーによる施術は成長期の毛に反応させることとなりますので、2~3ヶ月に一度の施術となることも多くなっています。完成までにはそれなりの期間も必要ということは理解しておきましょう。

脱毛機も日々進化しており、最近はあまり毛周期を意識せずに施術が行えるマシンを導入するクリニックも増えてきました。

コースは回数別で用意されているクリニックも多いですし、最近は月額制のコースが提供されることも増えています。
クリニックによりコースや料金は違いますので、申し込む前には良く比較しておきましょう。

脇の永久脱毛は痛い?

脇の永久脱毛は痛い

女性だけでなく男性も清潔感を保ちたいという理由から脱毛をする人が多いです。女性と違って男性の場合は肌が比較的丈夫で、毛そのものも太くて濃いという特徴があります。

そのため光照射で毛母細胞を破壊する方法ではなく、針脱毛と言われる方法が用いることが多くなっています。
針脱毛は、ムダ毛に1本ずつ電気を流して、毛を生成する細胞を破壊する効果があります。だから時間がかかったり、痛みが生じることがありますが、細胞を完全に破壊してしまうので永久脱毛効果が高いといえます。

男性が脱毛をしたい部分として、ヒゲや脇、足、iラインなどが挙げられますが、脇部分はそれほど痛みを感じません。
その理由として、ヒゲやiラインは肌が敏感でちょっとした刺激でも痛みを感じますが、脇は他の部分と比べて痛覚を感じることが少ないからです。

ただ針脱毛というのは、毛根に針を差し込むため人によっては痛みを感じることがあるので、熟練したスタッフに依頼をすることが大事です。
個人によるスキルの差がありますし、一度に脱毛をするわけではないので負担を感じない程度に分けて行うと痛みに耐えることができます。

VIO周辺の陰毛の医療脱毛の痛さはどれくらい?

男性もVIO周辺の陰毛を脱毛することが増えており、特にiラインの脱毛をしたいと考える人が多いです。

ムダ毛がないことで下着からはみ出す心配もなく、においや吹き出物の発生を抑えることができるので衛生的にもメリットがあります。VIO周辺を医療脱毛で行うとき、実は痛みに関しては心配する必要はありません。
その理由は、医療脱毛では痛みに弱い人にために麻酔を行ってくれるからです。

特にiライン周辺は肌が敏感なため、少しの刺激でも赤くなったり腫れてしまうことがあります。針脱毛の場合は、毛穴の1つずつ電気を通していくので、麻酔を行わなければかなり刺激が強くて痛みが出てしまいます。

医療脱毛では、医療従事者による施術が受けられるので、その人に合った麻酔の方法や量を選んでくれるので安心です。
赤くなったり腫れてしまっても1週間ほどで落ち着きますから、医療脱毛の施術を受ける場合には痛みに関して心配する必要はありません。

ただ針脱毛は毛穴ごとに施術をしていくので、かなり時間がかかってしまいますから一度に広範囲の脱毛はできません

継続的に通うには、痛みのない施術を受けられる医療脱毛が良いでしょう。

医療脱毛の効果の出る回数は?料金はいくらかかる?

口コミでも評価の高いクリニック

医療脱毛を利用した場合、1回だけの利用で効果が出るものではありません。

具体的な効果が感じられるまでの回数には個人差がありますが、数か月に1回のペースで6回程度利用する方が多くなっています。

また同じクリニックを利用するとしても、レーザー脱毛を利用する部位によって必要な料金は異なります。
そのため必要な料金について考えていくのであれば、VIOなどの部位ごとにチェックするようにしましょう。

このときのポイントになるのが、1つの部位だけではなく複数の部位のセットコースもあるという点です。
腕と脚の両方の脱毛を利用するのであれば、2つの部位のセットコースを選択すればお得に利用できることもあります。

脱毛の回数にも、クリニックで導入している機器や肌の状態によって差が出ます。毛の量が多い方や脱毛機器の出力が低い場合には、施術の回数が増えます。あらかじめどのくらいの回数が必要になるのか把握するためにも、クリニック選びではカウンセリングを利用しましょう。

カウンセリングでは回数に関することだけではなく、レーザー脱毛に関する詳しい説明も聞けます。気になる点を質問することも可能です。

おすすめしたい!口コミでも人気のレーザー脱毛医療クリニック

レーザー脱毛の医療クリニックを探しているのであれば、実際に利用した方の意見を参考にするのも1つの手です。

例えば口コミでおすすめされているクリニックであれば、利用者の満足度が高いということです。そこで口コミランキングをチェックして、ランキングで評判の高いクリニックを探してみましょう。

また美容外科を利用する場合には、評価が高いかどうかだけではなく評価が高い理由も含めて参考にすることが大切です。
評判が高い美容外科クリニックでも、脱毛の効果で評価が高いクリニックもあればスタッフの対応の良さが評価されているケースもあります。

評価の理由を把握して、自分が利用したいと思えるクリニックを探しましょう。

もちろん利用者の意見だけで判断するのではなく、自分ならではの視点で判断することも忘れてはいけません。
例えば料金について判断する場合には、月額でいくらかかるのか考えてみるのも1つの手です。

月当たりの料金を比較することで、異なるクリニックの料金を比べやすくなります。料金や口コミを総合的に判断して、どのようなクリニックなら自分が安心して利用できるのか判断するようにしましょう。

レーザー脱毛施術の予約の目安はどれくらいが適当なの?

医療レーザーの効果を最大限引き出す施術の受け方

レーザー脱毛をする際には、予約を入れる必要があります。

早くムダ毛をなくしたいからといって、短期間に何度も行く人もいますが、実は効果がありません。
人間の毛は毛周期と呼ばれるサイクルに従って生え変わっているので、このサイクルに合わせた間隔で通う必要があります。

特に脱毛で効果を発揮するのは、成長期の毛です。毛周期で成長期になるタイミングで施術を受けて行くことで、少ない回数で効果的に脱毛が可能になります。
医療脱毛を受ける間隔は、毛周期の2~4カ月ごとというのが一般的です。毛周期は部位によっても異なるので、施術を受ける前のカウンセリングでどの程度の間隔で予約を取ればいいかを確認しておくと安心です。

3カ月おきの間隔で来院すると、受診した段階で成長期だった毛に対して施術をすることができます。
次の来院で、今まで眠っていたり、抜け落ちていた毛が成長期に入るタイミングで施術を行うことができるので、効果的な脱毛ができます。予約のタイミングなども、あらかじめ聞いておくといいでしょう。

デリケートゾーンの脱毛は、生理時の施術は行っていないので、身体のリズムに合わせて予約を取る必要があります。

医療脱毛の方法と効果のでる回数は?

医療脱毛はとても効果の高い方法です。お肌の上からレーザーを照射すると、毛の根元にある毛根にたどり着き、熱エネルギーで毛根を破壊するからです。
1度破壊された毛根は再生しないので、施術した毛穴からは2度と毛が生えてくることはありません。施術範囲にレーザーを照射すれば、施術は終わります。

高い効果のある医療脱毛でも、1度ではすべての毛をなくすことはできません。

毛周期に従って施術をすることで、少しずつ毛の量を減らしていくためです。毛の状態には個人差がありますが、平均的に5~6回という回数で脱毛を終える人が多いです。
これは、6回受けなければムダ毛がなくならないというわけではありません。4回ほど脱毛の施術を受けると、自己処理が不要になるほど毛の量が減っていきます。

5~6回の施術が終わる頃には、ムダ毛のないツルツルの状態を手に入れることができます。数カ月おきに来院して施術を受けるので、脱毛が終わるまでには年単位の時間がかかることになります。

施術後には、毛根がなくなるために毛穴が引き締まり、お肌がとてもきれいになり、ムダ毛がないことの相乗効果で美肌効果もあります。

鼻毛も行ける!クリニックの医療脱毛

レーザー照射による脱毛の効果

クリニックなどの医療機関で行われる医療脱毛の施術は、専門性が高い技術を持っているお医者さんや、看護師さんが在籍して行っているため、高い技術力を必要とする鼻毛に対する脱毛の施術を施してくれるクリニックも存在します。

なぜ鼻毛の脱毛が高い技術力を必要とするのかというと鼻の穴の内側の皮膚は粘膜状になっていて、出力の高い医療レーザーを間違った方法で照射すると炎症を引き起こしてしまい、その部分が腫れてしまう可能性があるためです。

しかも、鼻の穴の中は様子が分かりにくく適切な場所に照射するには熟練した技術が必要となります。
しかし、鼻毛を医療脱毛の施術を受けて目立たなくしてしまえば、鼻毛がはみ出してしまっていないかを気にすることなく毎日の生活を過ごすことができます。

また、鼻毛の脱毛の施術を受け付けているクリニックであれば、技術力が高いことに自信を持っている場合が多いので、他のパーツの脱毛も高い効果を得られることが期待できます。
顔のパーツの脱毛は、ムダ毛が目立たなくなる効果を得られるだけでなく、メイクのノリが良くなったり、顔色が明るくなったりをメリットが多いのでおすすめです。

医療レーザー脱毛は「治療」扱いにできる?

健康保険が適用される施術は、健康を損なっている状態を回復させることが目的で治療をする医療行為だけとなります。

医療レーザー脱毛の施術は、健康を回復させるというよりは、ムダ毛だらけの見た目を改善するという美容のための目的の医療行為となるので、いわゆる自由診療という扱いになります。

そのため、健康保険が適用される治療としては扱われないことになります。そのため施術料金は全額自己負担となるため比較的高くなることが多いです。
自由診療では、医療レーザー脱毛の施術を施すクリニックが自由に設定することになります。

そのため、クリニックによって施術料金の金額には大幅に差があることも少なくありません。
ですの、良く幾つかのクリニックの施術料金を比較検討した上で、コストパフォーマンスが最も良いクリニックを選ぶ必要があります。

施術料金の支払い方についても、医療ローンが使えるかどうかや、クレジットカードで決済できるかどうかなどについても、クリニックによって違いがあるため、医療ローンや、クレジットカードを使って施術料金を支払うことを検討している場合は、前もってクリニックに問い合わせて確認しておく必要があります。

ヒゲ脱毛するなら日焼け止めは必須

ヒゲ脱毛するなら日焼けには要注意

男性も脱毛する人が増え、特にヒゲが濃くてコンプレックスになっている場合にはヒゲ脱毛をすることがあります。

脱毛にはサロンで行なう光脱毛とクリニックなどの医療機関で行なうレーザー処理でのレーザー脱毛があります。
どちらの施術であっても脱毛している期間は日焼け止め対策は必須になります。

サロンの光脱毛とクリニックでのレーザー脱毛はそれぞれに使っているマシンは異なっていますが、どちらのマシンもメラニン色素に反応する光を照射することで毛根にダメージを与える処理を行います。
メラニン色素に反応するマシンということは黒い色に反応することです。
日焼けした肌は黒色になってしまうとヒゲの周りの皮膚にマシンから照射する光がダメージを与えるのです。

クリニックやサロンによっては出力するパワーを弱くして脱毛をしてもらうことが可能なところもありますが、ヒゲは太く濃い毛なので、通常の脱毛よりも脱毛に時間がかかることもあり、弱いパワーの照射では脱毛効果が低くなってしまいます。
また、日焼けしている肌は乾燥していることが多く施術時の痛みも強く感じてしまい、肌トラブルを起こしやすくなります。

ヒゲのある顔は皮膚も薄くデリケートな部位でもあり強い痛みを感じる可能性は高いです。

日焼け肌にレーザー脱毛が出来ない理由

ヒゲは濃く太い毛なので脱毛に時間がかかったり、ヒゲが濃いことで肌トラブルを起こしている場合などはヒゲが生えない状態にしたいと望むこともあります。

そんな場合はレーザークリニックのレーザー脱毛を選ぶと良いです。
レーザー脱毛の効果はサロンの光脱毛よりも脱毛効果が高く、永久脱毛と言える脱毛です。

レーザークリニックで行なう場合、日焼け止め対策は必須ということです。
レーザー脱毛では日焼けや肌の乾燥、ニキビなどがある場合は照射する施術を受けることができないです。特に日焼けは注意が必要で、紫外線に当たって日焼けすると肌の表面にメラニン色素が生成されて、レーザーのマシンは黒色に反応するため日焼けした肌のメラニン色素に反応して火傷する可能性があります。

日焼けして施術ができないと断られることもあります。
またしっかりと日焼けした場合には3ヶ月はレーザー脱毛ができない可能性もあるのです。

男性は女性ほど紫外線対策をする習慣がなく、それもヒゲのある顔のUVケアをすることは殆どないため注意が必要で、夏は紫外線が強いという意識もあり、UV対策をしっかりと行なうことができますが、紫外線量が徐々に少なくなるとはいえ、冬にも紫外線は振りそそいており、男性であれば野外スポーツやアウトドアで日焼けする可能性があります。

冬であっても外出する際は日焼け止めを塗ることを忘れないようにします。

医療脱毛はアトピー性皮膚炎でも受けられる?

アトピーでも受けられる医療脱毛

アトピー性皮膚炎は、お肌のバリア機能が低下している状態で敏感肌と言っても過言ではありません。皮膚が弱い状態なので、ムダ毛の処理に困っている人が多くいます。
アトピー性皮膚炎を持っている場合、自分は脱毛なんてできないと思い込んでいる人が多いです。確かに、脱毛サロンでの施術は断られてしまうことが多くあります。
しかし、クリニックでの医療脱毛であれば、アトピーであっても脱毛を受けることができます。自分でムダ毛を処理するよりも、お肌への刺激がなく、結果的にきれいなお肌につながります。アトピーと一言で言っても、お肌の状態は人それぞれです。

医療脱毛は、施術の前に医師が毛とともにお肌の状態を診察します。アトピーの症状を確認してから脱毛の治療に入ることができるので、自分のお肌に合った脱毛が可能になります。
ただ、炎症が強く、お肌に色素沈着がある場合では、その部位を避けて施術をすることもあります。

自分の状態を確認し、医師とどのように脱毛を進めて行くかを相談しましょう。脱毛の施術の前のカウンセリングの際に、医師やスタッフと相談する時間が設けられているので安心です。

肌に優しい医療脱毛クリニック探しのポイント!

医療脱毛を行うクリニックはたくさんありますが、その中でもお肌に優しい医療脱毛を探すポイントを知っておきましょう。
まず、医療脱毛を受ける前にはカウンセリングが実施されます。その際にアトピー性皮膚炎であることを正直に伝えましょう。
お肌の状態を確認して、施術が受けられるか判断してくれます。医療脱毛は永久脱毛なので、施術が終われば毛が生えてくることはなくなり、その後のしこ処理が不要になります。
カウンセリングの際に、実際の脱毛機を使ってテスト照射してくれれば、お肌へ気を使っているクリニックであることが分かります。テストすることで、お肌への負担が分かり、脱毛がどのようなものかも体験できます。

医療脱毛を受ける前には、ホームページもチェックしておきましょう。アトピーでも脱毛できるかという点が記載されているクリニックも多いです。患者さんの状態に合わせて脱毛できる環境を用意するため、複数の脱毛機を取り揃えているクリニックもあります。
分からないことがあれば、電話で聞いてみて、納得できる答えが得られるクリニックですと安心です。
ただ、実際にお肌の状態を見なければ正確な答えは得られないので、参考にとどめましょう。

医療脱毛なら全身脱毛でもサロンより大幅回数減

医療脱毛を選ぶメリット

全身脱毛を始めるにあたって、外科クリニックなどでの医療脱毛と、エステサロン脱毛のどちらに通うべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。それぞれに特徴があるクリニックとエステサロンの脱毛ですが、全身隅々まで綺麗に脱毛をしたい場合には、医療脱毛を選ぶのがおすすめです。
医療脱毛はエステサロンよりも料金は高めですが、その分通う回数を大幅に減らせる点が大きなメリットとなっています。エステサロンの場合、全身脱毛の完了に12回から18回の施術が必要なケースが多く、期間にして2年から3年を要してしまいますが、医療脱毛の場合は4回から6回での完了も十分可能です。そして、医療脱毛は文字通り医療従事者によって行われるので、安全性に優れている点もメリットです。万が一の際には迅速かつ適切な処置を受けられるので、デリケートでトラブルが起こりやすいVIOラインでも安心して任せることができます。
また、キャンペーンなどで料金の安いエステサロンと比較して、予約が取りやすいのも魅力のひとつです。新宿のような脱毛の激戦区であっても、医療脱毛であればストレスなく通うことができます。

クリニックでの医療脱毛と美容サロンは施術パワーが違う!

現在では外科クリニック、美容エステサロン共に光を照射する脱毛法が主流となっており、効果に大きな差はないというイメージを持たれることもありますが、実際にはこの両者は施術パワーにかなりの違いがあります。医療機関では無い為、法律上の規制から照射のパワーを抑えなければならない美容エステサロンと違い、外科クリニックではハイパワーでの施術が可能です。この為、少ない回数で満足の脱毛効果が得られると共に、永久脱毛ができる点が魅力となっています。
ハイパワーの脱毛というと、痛みの強さが心配されますが、現在の医療脱毛機器は優れた冷却機能を兼ね備えるなど、痛みへの配慮も充実しています。また、医療機関で行われるので、どうしても痛みが我慢できないという場合には、麻酔で痛みを軽減できるのもメリットです。
お金がかかる全身脱毛となると、目先の料金が安い美容エステサロンを選びがちですが、外科クリニックでの脱毛は回数が大幅に少なく済み、効果の持続性も高い為、長い目で見ると料金面でもお得な選択となります。これから全身脱毛を始める方は、まず医療脱毛から検討してみるのがおすすめです。

医療クリニックの医療脱毛の痛みはどれくらい?

医療脱毛の痛みについて

医療脱毛ができるのは、リゼクリニックなどの医療機関だけです。使うのはレーザーで、レーザーを毛根の黒色(メラニン色素)に照射して熱を帯びさせて破壊することでそこから毛が生えてこないようにします。
エステサロンなどで行われている光脱毛に比べて効果が高いですが、痛みが強いと言われています。どれくらいの痛みかというと、よく表現で使われるのは「輪ゴムでパチンと弾いたときくらいの痛み」です。痛みの感じ方は個人差があるので痛くて我慢できなかったという人もいれば、大して痛くなかったという人もいます。
また、部位や使うレーザー機によって痛みの程度は異なります。一番痛いと言われているのがデリケートゾーンのVIOラインです。VIOの部位の毛は太くて濃く、粘膜もあるのでデリケートなため痛みを強く感じやすいです。他には、脇やひざ下、顔など脂肪が少ないところも痛みを感じやすくなっています。
レーザー機による痛みの違いでは、熱破壊によって毛根を壊す方式のものよりも蓄熱式でバルジという発毛因子を破壊して脱毛する方式のものの方が痛みが少ないです。また、冷却システムが搭載されているものだと、痛みを感じにくくなっています。

医療脱毛レーザーと美容光脱毛の効果の違い

美容光脱毛は、医療レーザー脱毛と同じように毛根に含まれているメラニン色素の黒色に光を反応させることによって毛根にダメージを与えます。医療レーザー脱毛は医療行為なので毛根を破壊していますが、美容光脱毛の方は医療行為ではないので毛根を完全に破壊することはできません。そのため、毛が生えてきづらくする施術ということで除毛や減毛効果で満足できる人向きです。
美容光脱毛ではエステで使われるIPL(インテンス・パルス・ライト)というフラッシュに似た光を使うので、これにより肌のキメが細かくなる効果が期待できます。また、コラーゲンが生成されてキメとハリのある肌に導いてくれる可能性があります。
永久脱毛効果を狙って全身脱毛をするをするのであれば、医療レーザー脱毛の方が効果は高いです。ただし、1回あたりの料金で見ると美容光脱毛に比べてレーザーを使う脱毛は高くなります。ただし、光を使う脱毛に比べて3分の1程度の短い期間で脱毛施術が完了するので、最終的な金額では同じか、もしくは医療レーザー脱毛の方が安くなる可能性もあります。医療機関で行う場合は麻酔などで痛みを緩和したり、万が一トラブルがあった時に医師がすぐに対処してくれるという違いもあります。

5回目の効果

サロンより効果的な脱毛

医療脱毛では、平均して5~6回の施術回数かかかります。ですから、5回目の効果というのは、自分のムダ毛がほとんど気にならないレベルになります。残っているムダ毛も、毛自体が薄くなり、自己処理をしなくても目立つことはありません。この効果は、医療脱毛を3回受けたあたりから感じることができ、ムダ毛の量があきらかに減っていると実感でき、自己処理が楽なります。
医療脱毛では、ワキだけの部分脱毛から全身脱毛まで幅広い部位の施術を行っています。最近人気のあるVIO脱毛にも対応していて、ムダ毛が気になる部位に対しての施術が可能です。施術の前には、医師とのカウンセリングを行い、どのように脱毛していくかということを相談して決めます。医療脱毛は、美容外科や皮膚科などの医療機関で行われる脱毛のことです。レーザーを使用して、施術部位に対して照射するという方法で脱毛が進められていきます。医療機関で行うという安心感と、医療スタッフの高い知識と技術により高いレベルでの脱毛が可能です。本来、脱毛というのは医療行為であるために、クリニックで受けるものです。毛を生えなくさせるというのは、体に対しての施術であるため、エステやサロンでは行えないというのが一般的な認識です。

フラッシュ脱毛の効果の違い

医療機関で行うレーザー脱毛では、毛乳頭を破壊することで毛が生えてこない状態にします。一度破壊された毛乳頭は二度と再生されないので、確実な脱毛をすることができます。医師や看護師と言った医療の資格を持つスタッフが対応するという特徴があります。
一歩、エステやサロンでは、レーザーを扱うことができないので、フラッシュ脱毛という方法で脱毛を行っています。フラッシュ脱毛には毛乳頭を破壊する出力はありません。施術によって一時的に毛が減っても、毛乳頭は残っている状態なので、しばらくすると再生されてしまいます。
サロンの方が料金が安いですが、施術にかかる回数は医療脱毛の2~3倍かかります。医療脱毛は5~6回の施術で脱毛を終えるのに比べると、サロンでは10~20回ほどかかり、さらに毛が再生されるというリスクがあります。一時的に安い金額で施術ができても、毛が元通りになってしまったは効果はありません。中には、サロンのフラッシュ脱毛で効果を感じられなかったので、医療クリニックでレーザー脱毛を受け直すという人もいるほどです。脱毛できる部位も多く、全身の照射ができるので、ムダ毛に悩んでいる人にこそレーザー脱毛がおすすめです。レーザーは黒い色に反応するので、濃い毛にも効果を発揮します。