投稿者「admin」のアーカイブ

医療クリニックの医療脱毛の痛みはどれくらい?

医療脱毛の痛みについて

医療脱毛ができるのは、リゼクリニックなどの医療機関だけです。使うのはレーザーで、レーザーを毛根の黒色(メラニン色素)に照射して熱を帯びさせて破壊することでそこから毛が生えてこないようにします。
エステサロンなどで行われている光脱毛に比べて効果が高いですが、痛みが強いと言われています。どれくらいの痛みかというと、よく表現で使われるのは「輪ゴムでパチンと弾いたときくらいの痛み」です。痛みの感じ方は個人差があるので痛くて我慢できなかったという人もいれば、大して痛くなかったという人もいます。
また、部位や使うレーザー機によって痛みの程度は異なります。一番痛いと言われているのがデリケートゾーンのVIOラインです。VIOの部位の毛は太くて濃く、粘膜もあるのでデリケートなため痛みを強く感じやすいです。他には、脇やひざ下、顔など脂肪が少ないところも痛みを感じやすくなっています。
レーザー機による痛みの違いでは、熱破壊によって毛根を壊す方式のものよりも蓄熱式でバルジという発毛因子を破壊して脱毛する方式のものの方が痛みが少ないです。また、冷却システムが搭載されているものだと、痛みを感じにくくなっています。

医療脱毛レーザーと美容光脱毛の効果の違い

美容光脱毛は、医療レーザー脱毛と同じように毛根に含まれているメラニン色素の黒色に光を反応させることによって毛根にダメージを与えます。医療レーザー脱毛は医療行為なので毛根を破壊していますが、美容光脱毛の方は医療行為ではないので毛根を完全に破壊することはできません。そのため、毛が生えてきづらくする施術ということで除毛や減毛効果で満足できる人向きです。
美容光脱毛ではエステで使われるIPL(インテンス・パルス・ライト)というフラッシュに似た光を使うので、これにより肌のキメが細かくなる効果が期待できます。また、コラーゲンが生成されてキメとハリのある肌に導いてくれる可能性があります。
永久脱毛効果を狙って全身脱毛をするをするのであれば、医療レーザー脱毛の方が効果は高いです。ただし、1回あたりの料金で見ると美容光脱毛に比べてレーザーを使う脱毛は高くなります。ただし、光を使う脱毛に比べて3分の1程度の短い期間で脱毛施術が完了するので、最終的な金額では同じか、もしくは医療レーザー脱毛の方が安くなる可能性もあります。医療機関で行う場合は麻酔などで痛みを緩和したり、万が一トラブルがあった時に医師がすぐに対処してくれるという違いもあります。

5回目の効果

サロンより効果的な脱毛

医療脱毛では、平均して5~6回の施術回数かかかります。ですから、5回目の効果というのは、自分のムダ毛がほとんど気にならないレベルになります。残っているムダ毛も、毛自体が薄くなり、自己処理をしなくても目立つことはありません。この効果は、医療脱毛を3回受けたあたりから感じることができ、ムダ毛の量があきらかに減っていると実感でき、自己処理が楽なります。
医療脱毛では、ワキだけの部分脱毛から全身脱毛まで幅広い部位の施術を行っています。最近人気のあるVIO脱毛にも対応していて、ムダ毛が気になる部位に対しての施術が可能です。施術の前には、医師とのカウンセリングを行い、どのように脱毛していくかということを相談して決めます。医療脱毛は、美容外科や皮膚科などの医療機関で行われる脱毛のことです。レーザーを使用して、施術部位に対して照射するという方法で脱毛が進められていきます。医療機関で行うという安心感と、医療スタッフの高い知識と技術により高いレベルでの脱毛が可能です。本来、脱毛というのは医療行為であるために、クリニックで受けるものです。毛を生えなくさせるというのは、体に対しての施術であるため、エステやサロンでは行えないというのが一般的な認識です。

フラッシュ脱毛の効果の違い

医療機関で行うレーザー脱毛では、毛乳頭を破壊することで毛が生えてこない状態にします。一度破壊された毛乳頭は二度と再生されないので、確実な脱毛をすることができます。医師や看護師と言った医療の資格を持つスタッフが対応するという特徴があります。
一歩、エステやサロンでは、レーザーを扱うことができないので、フラッシュ脱毛という方法で脱毛を行っています。フラッシュ脱毛には毛乳頭を破壊する出力はありません。施術によって一時的に毛が減っても、毛乳頭は残っている状態なので、しばらくすると再生されてしまいます。
サロンの方が料金が安いですが、施術にかかる回数は医療脱毛の2~3倍かかります。医療脱毛は5~6回の施術で脱毛を終えるのに比べると、サロンでは10~20回ほどかかり、さらに毛が再生されるというリスクがあります。一時的に安い金額で施術ができても、毛が元通りになってしまったは効果はありません。中には、サロンのフラッシュ脱毛で効果を感じられなかったので、医療クリニックでレーザー脱毛を受け直すという人もいるほどです。脱毛できる部位も多く、全身の照射ができるので、ムダ毛に悩んでいる人にこそレーザー脱毛がおすすめです。レーザーは黒い色に反応するので、濃い毛にも効果を発揮します。

医療脱毛でのハイジニーナとVIO脱毛の違いとは?

アンダーヘア処理

女性向けの美容脱毛サービスの名称は、医療系美容クリニックやサロンなど、各業者によって異なります。ハイジニーナやVIO脱毛などの呼称がありますが、呼称に関しては厳密な定義はないようです。
ハイジニーナは元々、清潔なという意味があり、デリケートゾーンのヘアを全て脱毛してしまうことによって生理やおりもの・汗による蒸れや雑菌の繁殖などの不快症状を緩和し、清潔かつ快適な状態を得ることを指します。一方VIO脱毛は、広義のデリケートゾーン脱毛を指し、一般にはIラインとOラインは完全に脱毛してしまい、Vラインはある程度任意の形にヘアを残すあるいは全部脱毛してしまうという選択肢がユーザーに与えられています。
もう少し整理すると、ハイジニーナはデリケートゾーンの完全なる脱毛処理、VIO脱毛はVラインのデザインとIライン・Oラインの完全脱毛処理、ということができそうです。
ただし業者によっては、たとえどんな姿に手入れをしようともデリケートゾーンの脱毛であれば全てハイジニーナ脱毛あるいはVIO脱毛というメニュー名をとっているところもあります。各業者の公式サイトを参照して個別に確認していけば、これらのメニュー名がかなり恣意的に使われていて、指し示す内容が少しずつ異なっていることに気がつくでしょう。

クリニックのハイジニーナ、VIO脱毛のレーザー照射の料金は?

全身脱毛においてエステティックサロンで行なわれているのは光方式と呼ばれる手法です。一方医療系美容クリニックの施術ではレーザー脱毛です。光方式・レーザー方式は、原理そのものはよく似ています。つまり毛穴の毛根の黒い部位を照射して脱毛を促すという点においてはほとんど違いはありません。ただしレーザー方式は病院でのみ認可されているものであり、出力は光方式に較べて強力です。
出力が強力であるということは、脱毛効果がより高いということになります。その結果、繰り返し行なわれる施術の回数も、レーザー方式の方が光方式より少なくてすみますし、再発毛の可能性もより少ないと言えるでしょう。特に永久脱毛とうたっている場合は、レーザー方式に限ります。
さて気になるのは料金体系ですが、エステティックサロンで行なわれる光脱毛ですと、施術1回あたり10,000〜18,000円程度です。そして複数回数のセットで申し込むことによって、1回あたり7,000〜8,000円ほどになります。一方医療系美容クリニックでは、複数回数でのセット割引でも1回あたり10,000円以上になることから、施術1回あたりの費用の点では医療系美容クリニックの方が高くなるともいえますが、先述の通りレーザー脱毛の出力の高さはトータルの施術回数を少なく済ませられるというメリットがありますので、合計金額としてはエステティックサロンに較べると同等かやや安く済ませられる可能性もあります。

レーザー照射による脱毛で毛が抜け始めるのはどれくらい

効果の出方

VIOのムダ毛が気になっている場合、口コミで人気の美容クリニックや皮膚科で医療脱毛を受けると良いでしょう。
ムダ毛は自己処理するという方法もありますが、美容クリニックでは全身の脱毛を受けることもできますし、さまざまな部位のムダ毛が気になっている場合はプロに任せた方が簡単です。医療レーザー脱毛は特殊なレーザーを肌に当てていくという施術であり、どのくらいの回数や期間で完了するのか気になっている人もいるでしょう。
効果の出方には個人差もありますが、レーザーで施術した直後に皮膚からムダ毛が飛び出るように抜けることがあります。これは太く硬い毛に起こりやすいという特徴があり、薄い毛や細い毛は2~3週間してから抜け始めることが一般的です。しかし、施術後2〜3週間で照射した部位のムダ毛が全て抜け落ちるわけではなく、少しずつムダ毛が抜けていくということです。これは皮膚の代謝の良い部分から先に抜けていくことが分かっており、照射する光は成長期のムダ毛のみに効果があることも知っておきましょう。
成長期のムダ毛は全体の2割程度とされておいます。そのため1回の施術で効果を実感できるのは2割程度のムダ毛ということです。必要な回数についてはカウンセリングの時に聞いておきましょう。

クリニックのレーザー照射はサロンのフラッシュ脱毛よりも早く抜け始める

最近では脱毛が口コミで人気となってきています。脱毛はエステサロンで受ける方法もありますが、美容クリニックで受けることもできます。
エステサロンで行われている脱毛と医療脱毛の違いについて知りたいという人もいるでしょう。エステサロンでは特殊な光を肌に当てることにより、ムダ毛にダメージを与える方法を採用しています。
美容クリニックでは肌にレーザーを当てるという方法であり、エステサロンの脱毛よりも効果が高いという特徴があります。出力の高いマシンが使われているため、短期間で大きな効果を得ることができるでしょう。その効果はフラッシュ脱毛の約2倍とされており、通い続けることで目に見える効果を実感できるようになるのです。しかし、出力が高いので痛みや熱さを感じやすいというデメリットもあります。
また、場合によっては火傷などのトラブルが起こってしまうこともあるので注意しましょう。しかし、美容クリニックではドクターが施術を行ってくれるため、万が一トラブルが起こってしまった場合でも安心です。
美容クリニックで行われる脱毛は短期間で効果を実感したいという人はもちろん、安心して脱毛を受けたいという人にもおすすめと言えるでしょう。施術前には料金を確認することも大切です。

医療脱毛を受けた即日にやってはいけない「NG」なこと

脱毛後のNG行為

レーザー照射での医療脱毛を受けた場合、当日やその前後にやってはいけないことがいくつかあります。
脱毛前後のNG行為としてよく知られているのが日焼けです。レーザー脱毛はメラニン色素に反応する光を照射して毛根の組織を破壊します。日焼けして肌が黒くなると、肌に光が反応してしまい、やけどする恐れがあります。肌はできるだけ白くしておきましょう。
また、アルコールの摂取もNGです。お酒は血行を促進し、体温を上昇させますが、施術後に体温が上がると、かゆみや炎症などのトラブルが起こりやすくなります。肌の回復を早めるためにも、施術の予約を入れた日の前後にアルコールを摂取するのは控えるようにしましょう。
汗を大量にかく行為も禁物です。汗をかいて体温が上がると、毛穴が開き、雑菌が毛穴に侵入しやすくなってしまいます。激しいスポーツや長時間の入浴は避けるようにしましょう。
さらに、プールや海に入るのもNGです。脱毛後は、肌のバリア機能が低下しているため、雑菌が肌に侵入しやすい状態になっています。雑菌が繁殖しているプールや海は避けるようにしましょう。
これらの行為がNGなのは美容クリニックの医療脱毛後はもちろん、エステサロンでの脱毛後であっても同様です。NG行為をしてトラブルが起こった場合、治療の為に余計な料金がかかってしまうことになります。注意事項をよく守って施術を受けるようにしましょう。

医療レーザー照射は治療の1つ!施術効果を高めるためにもアフターケアは重要

脱毛の施術効果を高めるためには、アフターケアも重要です。施術後は、肌にレーザーによるダメージが残っているので、炎症や肌荒れを防ぐためにも、しっかりとアフターケアをするようにしましょう。
一番大切なのが保湿です。 脱毛すると、レーザーの熱によって肌の水分が奪われ、肌は乾燥しがちになります。施術後は脱毛した部位を中心に、化粧水やクリームで十分に保湿し、乾燥を防ぎましょう。潤った肌にはレーザーも作用しやすくなるので、脱毛効果も高くなりますし、潤いのある健康な肌は施術時の痛みも感じにくくなります。
万が一、施術後に赤みや炎症が起きてしまった場合は、美容クリニックが処方してくれる軟膏を塗りましょう。通常2~3日で治まりますが、赤みやヒリヒリ感が治まるまで、照射部位に1日1~2回軟膏を塗るようにします。強い赤みや痛み、水ぶくれなどの症状がある際はやけどの可能性があるので、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。
また、レーザーの照射後のムダ毛にはシェーバーを使用しましょう。レーザーの照射後、通常2~3週間で毛は自然に抜け落ちてきますが、その間どうしてもムダ毛が気になる場合はシェーバーを利用するようにしましょう。毛抜きで毛を抜いてしまうと、レーザーに反応するものがなくなり、効果を得られなくなってしまうからです。

医療脱毛専門のクリニックはやっぱり料金が高い?

効果を得やすい脱毛の特徴

医療脱毛の処理を受ける時に気になるのは料金ですが、このようなクリニックの負担はエステよりは高いです。ただしトータルで見ると安く受けられることもありますから、高いからといって利用がしづらいわけではありません。医療脱毛専門のクリニックで治療を受けたい時は、まず最初にカウンセリングを受けることになります。
このような所は医療機関ですから患者の体調などに気をつけて、適切な治療方法を提供してくれます。
更に脱毛処理をする時に問題が起こった場合でも、すぐに対応できる体制があるので安心です。医療脱毛を受けられるクリニックでは予約をすれば全身脱毛の処理を受けられ、短期間で色々な部位の処理をしてくれます。受けられる施術はレーザーを照射して行うものですが、この処理方法は効果が高いので利用がしやすいです。
エステサロンで利用できるものは効果が弱いため、一度業者を利用しても十分な結果を得られないことがあります。もし効果を得られない場合は別のエステサロンを利用することになりますから、結果として数倍の費用がかかるケースも存在します。それに対して医療脱毛専門のクリニックならば確実にムダ毛を処理できるので、支払う料金は高めですがトータルで見れば安くできます。

美容の為の脱毛を考えるならレーザー照射での専門的な施術がおすすめ

美容の効果を十分に得たい時はレーザー照射が可能な、医療機関での脱毛処理が向いています。このよう医療機関ではお肌の問題について専門知識を持っているため、医学的に正しい美容の施術が受けられます。
エステサロンでも似たような施術を受けることは可能ですが、エステサロンで使われている技術はあまり正確なものではありません。
それに対してクリニックで受けられるものは医学的に証明された効果なので、確実に美容の問題を改善したいに使いやすいです。
また脱毛処理を受ける時はトラブルが起こることもあるので、そういう問題への対応も重要になります。医療機関で受けられる脱毛処理は問題が起きた時の治療の体制が整っているため、トラブルがあっても対処ができます。それに対してエステサロンの場合は不十分な所もありますから、トラブルが起きた時にすぐに治療を受けられないこともあります。また医療機関で受けられるレーザー照射による脱毛処理は、高い確率で永久脱毛をすることができます。
レーザーを使った処理はエステサロンでは使えないもので、この処理をすれば長期間ムダ毛は生えてきません。
美容のために脱毛処理をしたい時はクリニックが向いていて、気になっているムダ毛の問題を短期間で解消してくれます。

月払いのクリニックなら医療脱毛も金銭的な心配なし

月額制の脱毛

横浜で病院などの医療機関で行われている医療レーザー脱毛は値段が高いというイメージを持っている人もいるでしょう。
確かにエステサロンより1回あたりの料金は高くなってしまいますが、以前と比べて手軽に受けられるようになってきています。値段は施術を行う部位によって異なっており、ほとんどのパーツは5~8回程度で完了するということです。
しかし、VIOなど濃くて太いムダ毛が生えている部位の場合、脱毛が完了するまでにかなりの時間がかかってしまうでしょう。クリニックの全身脱毛は顔とVIOを含まない場合と顔を含む場合、両方とも含む場合の3パターンがあります。全て含む場合でも平均すると40~50万円程度で受けられるようになっています。エステサロンではなくクリニックで全身脱毛を受けたいという場合、月額制を採用しているクリニックを選ぶと良いでしょう。
月額制プランなら手軽な料金で脱毛を受けることができます。一括で支払える人もいるかもしれませんが、たくさんのお金を一度に用意するのは難しいという人もいるでしょう。また、ローンを利用する場合は手数料がかかってしまいます。月額制なら安く脱毛を受けることができますし、手数料の心配もないというメリットがあります。

月払いで全身永久脱毛

最近では月額制で医療レーザー脱毛を受けられるクリニックも多くなっています。これは医療レーザー脱毛を受けたいけれど、一度に全額は支払うことは難しいという日地におすすめのプランです。
医療レーザー脱毛は永久脱毛として認められてい折り、一度施術が完了すれば二度とムダ毛で悩む必要はなくなるということです。エステサロンに比べて料金が高いことを気にしており、なかなか手を出せないという人もいるでしょう。
しかし、月額制なら毎月1万円程度で医療レーザー脱毛による全身脱毛を受けることができます。部分脱毛ならさらに安くなりますし、お金のことが気になっている人でも気軽に医療レーザー脱毛を始めることができるでしょう。医療レーザー脱毛では出力の高いマシンを使っており、産毛にも効果を期待できるとされています。エステサロンの脱毛では産毛や薄い毛などは処理することが難しいのですが、クリニックに通えばそのようなムダ毛までしっかり処理することができるでしょう。
月額制を採用している美容クリニックといってもいろいろあります。どのクリニックでも良いというわけではありませんし、まずは口コミをチェックしてみると良いでしょう。また、体験コースなどを用意しているところもあります。

どちらが赤みが出やすい?

赤みの出やすさ

レーザー脱毛の施術は、エステサロンで行われるフラッシュ脱毛の施術よりムダ毛を目だたなくする効果が高くなる分、お肌にかかる負担も高くなるため、赤みなどの、お肌のトラブルを引き起こす可能性が高くなってしまうことがあります。
医療脱毛とはレーザー脱毛のことを指していることが多いので、そういった意味では、赤みの出やすさは同じということになります。
医療脱毛を、全ての医療機関が行っている脱毛の方法と考えれば、電気ニードル脱毛も医療脱毛の一種と捉えることもできます。
そう考えると、電気ニードル脱毛は、ムダ毛が生えてくる毛穴に細い針を差し込んで電気を通すことによってムダ毛を生み出す毛母細胞にダメージを与える方法で行うので、針の刺激によって赤みが生じることもあります。
しかし、電気ニードル脱毛の施術によって引き起こされる症状としては、赤みはあまり一般的な症状ではないため、レーザー脱毛と医療機関で行われる電気ニードル脱毛を比べた場合は、レーザー脱毛の方が赤みが出やすいということになります。
しかし、レーザー脱毛を受けることによって生じる、お肌の赤みは、レーザー脱毛の施術を施したスタッフがしっかりとしたクーリングという、お肌を冷やす処置を行えば、ほとんどが治まります。

クリニックで脱毛してもらう場合

レーザー脱毛は、脱毛マシンを導入している医療機関であれば、一般的な皮膚科の病院でも施術を行うことができますが、皮膚の疾患を治療するほうがメインで、多くの患者さんにレーザー脱毛の施術を施した実績が少ない医療機関の場合は、レーザー脱毛の施術を施した後の、クーリングなどお肌のアフターケアが充分でないことが少なくありません。
一方で、たくさんのムダ毛に悩む方にレーザー脱毛と同じ脱毛の施術を施してきた実績がある美容外科クリニックでは、レーザー脱毛の施術を施した後に生じる赤みの症状に対して対処方法を充分に理解しているので、お肌を冷やすクーリングを含めた、充実したアフターケアを施しているところが、ほとんどになります。
また、人によっては、赤みの症状が、アフターケアを施してからも長引くこともありますので、炎症を抑える医薬品や、スキンケアグッズなどを提供している美容外科クリニックなども存在しています。
医療レーザー脱毛の実績が豊富な美容外科クリニックには、このようなアフターケアが充実しているというメリットがあるため、実績が豊富なのかどうかについては、医療レーザー脱毛の施術を施す医療機関を選ぶ上で、重要な要素の一つであるということになります。

VIO脱毛をする場合に必要な回数の目安

VIO脱毛の回数の目安

夏に向けてVIO脱毛を検討しているけれど、クリニックとエステサロンのどちらに通えば良いか悩んでいる、という方は多いのではないでしょうか。現在では、クリニックとエステサロンの両方で肌に刺激の少ない施術を受けることができますが、効果や費用など様々な面で違いがあるので、しっかりと双方の特徴を知った上で決めることが大切となります。
クリニックの施術がエステサロンと最も違うポイントは、効果が非常に高く、永久脱毛も可能であるということです。毛根のメラニン色素に作用する光を照射するという、一見するとエステサロンと似た施術ではありますが、クリニックのレーザー脱毛機はエステサロンのものよりもパワーが強いので、毛根を完全に処理できる点がメリットとなっています。
また、パワーが強力である分、少ない回数で施術が完了するのもクリニックの強みです。回数の目安に関しては部位や個人の毛質、肌質で変わってきますが、VIOの場合は6回程度でツルツルになるという方が多く、エステサロンの半分程度の期間での処理完了を期待することができます。

エステサロンの脱毛よりも痛みが強いのか

エステサロンのフラッシュ脱毛と比較して、強力な効果が期待できるクリニックのレーザー脱毛ですが、その反面かつては痛みが強いことがネックとなっていました。この為、痛みが苦手な場合はエステサロン、痛みが強くても効果を優先したい場合はクリニックという選び方もされていましたが、現在のレーザー脱毛はかなり痛みの問題が解消されています。マシンの性能向上による痛み対策はもちろん、医療機関であるクリニックならば麻酔の使用も可能なので、痛みが苦手な方でも安心して通うことができます。
一方、エステサロンのメリットとなるのが料金の安さです。クリニックのレーザー脱毛は最大で永久脱毛まで可能なので、長期的なコストパフォーマンスが非常に優秀ですが、まずは気軽に脱毛を始めてみたいという場合には、費用がネックとなる場合もあります。その点、エステサロンは格安のキャンペーンなども多いので、まずはVIO脱毛がどんな施術なのか試してみたい、という方には最適です。
クリニック、エステサロンどちらに通う場合でも、実績が豊富で技術力のあるところを選ぶことが大切です。口コミなどを参考にしながら、トラブルなく施術が受けられるところを選びましょう。